グレーゾーンの撤廃により、出資法の上限金利は29.2%から20%に引き下げられました。
これは利息制限法の上限利率である元本10万円未満の場合は年利20%、10万円以上100万円未満は年利18%、100万円以上は15%を上限金利とするという法律に合わせた形になっています。
2010年6月に以降に貸付を行う場合は、金利が20%を超えると出資法違反で刑罰が課せられることになります。

また、利息制限法で定められている制限を超える利率で利息を徴収した貸金業者は、よけいに支払った分については無効になりますので、債務者に返済をしないといけません。
そして、利息の上限を超えた分については元本の返済に充てることで、借金の圧縮につなげることもできます。

グレーゾーン金利で借入をした人は、既に借金を完済している可能性もあります。
余計に支払った分は、返済を求めることができ、これを過払い金返還請求という呼び方をします。
過払い金返還請求は日本各地で行われていて、大手の貸金業者では、条件があてはまれば、ほとんどの返還請求に対して、応じているのが現状なようです。

収入証明書不要カードローン

So far there's (just?) 0 comments on this post - join in and add one »